消費者金融の審査の注意点

消費者金融に利用を申し込むと、最初に利用資格の有無について審査が行われます。審査は主に返済能力に関してチェックが行われ、返済能力に問題があると判断されてしまうと、審査に落とされてしまいます。今回は消費者金融の審査について、注意しておくべきポイントを解説します。
消費者金融に利用審査に落ちてしまう一番の原因は、過去の返済トラブルです。 過去に借入金の返済遅れの経験がある場合、審査に落ちる確率は上がります。
消費者金融のレイク 口コミを見ると比較的審査がゆるいように感じます。
通常は過去3か月以内の返済実績を審査されるので、3か月以内に返済遅れなどがある方は申込みを先延ばしにしたほうが賢明です。3か月以内に返済トラブルがなかったとしても、過去に返済の遅れを何度も繰り返していると悪質な人物と判断されてしまい、審査の通過が難しくなります。金融業者間で信用情報を共有しているので、他社からの借り入れについても情報はすべて審査材料になります。
注意しなければいけないのが、消費者金融の借り入れ以外にも、クレジットカードの支払いや携帯電話の分割払いの返済実績も、支払履歴として残されているということです。クレジットカードや携帯電話の分割払いは、いわゆる借金のイメージが薄いので、軽い気持ちで支払いを遅らせてしまう人が多くいます。しかし、これらの支払い実績についても、通常の借り入れと同様に信用情報として取り扱われます。支払遅れや滞納は自分の評価をマイナスにする行為なので、現金の借り入れでないからといって油断してはいけません。

消費者金融の審査

消費者金融を利用するためには、利用資格の有無についての審査に通過する必要があります。最近ではスピード審査を売りにしている業者も多く、早ければ30分ほどで審査が終了します。短時間だからといって審査基準が緩いわけではなく、各社ともあらゆる情報をチェックしたうえで利用資格があるかどうかの審査を行っています。どんなポイントを審査しているのかを知っておくことは、消費者金融の審査を通過するために重要なことです。今回は、消費者金融の審査について解説します。
会社ごとに細かな基準の違いはありますが、多くの消費者金融では共通した項目を審査しています。貸し手にとって最も恐れることは貸したお金が返済不能になることですから、審査では返済能力の有無と過去の返済実績について審査が行われます。
消費者金融で借り入れを行う場合、総量規制という法的な規制が適用されます。総量規制が適用されると年収の三分の一が借り入れの限度額になり、それ以上の借り入れは多重債務者防止のために禁止されています。審査では年収を証明する書類を提出して、他社からの借り入れ状況についてのチェックが行われます。他に借り入れがなく、申し込みが総量規制の範囲内であれば、審査に落ちることはまずありません。

消費者金融の審査基準

以前、消費者金融のキャッシュカードを作ろうとしたことがあります。それまでキャッシュカードは持ったことがなかったのですが、アフィリエイトサイトで自己アフィリエイトで作成すれば、報酬がもらえると知り、この際何かのときのために作っておいてもいいだろうと思ったのが、きっかけです。申し込みはインターネット上ですぐにできました。審査が終われば連絡が来るとのことでした。私は専業主婦でしたので、その旨を記入し、記入欄に必要事項を書いて、審査の結果を待ちました。数時間後、結果の報告が来たのですが、予想外の結果で、審査は通りませんでした。自分で考えていた以上に、審査の基準が厳しいことを知りました。収入のない専業主婦では、キャッシュカードは作ることができなかったのです。大変残念な気持ちになり、会社から帰った夫に話したところ、「審査が以前より厳しくなったと聞いたことがある。」と言っていました。主婦がお金を借りたものの、返せなくなり、キャッシングできる人の審査基準が変わったというのです。アフィリエイトサイトで消費者金融会社のカード作成の詳細を見てみると、一定の収入があれば主婦でもカードが作れます、という趣旨のことが書いてありました。やはり専業主婦ではカードは作れないようです。仕事を始めたら、また申し込んでみようかと考えています。

消費者金融の審査方法

お金を借りたい時にはどうしたら良いでしょうか。
消費者金融で、借りる場合はきちんと審査があります。
大手の消費者金融ですと、顧客情報を綿密に聞かれます。
インターネットで申し込みをした場合でも、その後電話がかかってきて
さらに丁寧に回答していく必要があったりします。
特に、債務情報です。過去にクレジットカードでの支払いの遅延がないかと
いうものです。現在も、どこかで借りている多重債務者でないかのチェックも
重要なのです。
過去に消費者金融の審査に落ちた事はないかもチェックが入ります。
顧客情報も、全て一から丁寧に聞かれます。
特に現在の収入の状況が一番だと思います。やはり、収入の全くない人には
借入は難しいのです。
ですが主婦であっても、パートかアルバイトをしていれば大丈夫です。
きちんと明細についても聞かれたりするのです。
それから、年収の三分の一の範囲内でしか、今は借入ができません。
属性モデル像というのがあり、過去の顧客データから一番近い属性を
モデル像として今回のユーザーの未来を予測して契約するかどうかを
決めたりしています。
大手の消費者金融よりも、中堅の方が審査に関しては緩いので、
本当にお金が必要な人はそちらを訪ねてみるのが得策です。

消費者金融の審査はここを見ている

最近の傾向として、キャッシングの審査はどの会社のスピードを重視しています。即日回答は当たり前で、最短30分など時間単位でのアピールをしています。
審査を待っている間は、気持ちが落ち着かないのですぐに回答を出してくれるのは大変助かります。

消費者金融の審査は各キャッシング会社で厳しいところや少し甘いところなどもありますが、判断基準はどこも大体同じような部分を見ています。

まず一番重要視されるのは安定した収入があるかどうかです。年収ももちろん考慮には入れていますが、それよりも定期的に手元にお金が入り、きちんと返済していける能力があるかを見ています。
ですのでパート・アルバイトの方でも安定した収入があれば申し込みができるキャッシング会社の増えてきています。

また同様に重視しているのが、他社からの借入があるかどうかです。まずなければ問題はありません。
もしあったとしても、返済が滞りなくできていれば審査に通る可能性は高いです。逆に返済を何度が何度か遅れたりしている場合には、審査で落とされる場合があります。

各キャッシング会社の公式サイトでは、年齢、職業、年収、他社からの借入などを入力すれば、貸出可能か簡易診断を行なってくれるシステムがあるところが多いので、まずはそれでチェックをしてみるといいでしょう。