消費者金融の審査の注意点

消費者金融に利用を申し込むと、最初に利用資格の有無について審査が行われます。審査は主に返済能力に関してチェックが行われ、返済能力に問題があると判断されてしまうと、審査に落とされてしまいます。今回は消費者金融の審査について、注意しておくべきポイントを解説します。
消費者金融に利用審査に落ちてしまう一番の原因は、過去の返済トラブルです。 過去に借入金の返済遅れの経験がある場合、審査に落ちる確率は上がります。
消費者金融のレイク 口コミを見ると比較的審査がゆるいように感じます。
通常は過去3か月以内の返済実績を審査されるので、3か月以内に返済遅れなどがある方は申込みを先延ばしにしたほうが賢明です。3か月以内に返済トラブルがなかったとしても、過去に返済の遅れを何度も繰り返していると悪質な人物と判断されてしまい、審査の通過が難しくなります。金融業者間で信用情報を共有しているので、他社からの借り入れについても情報はすべて審査材料になります。
注意しなければいけないのが、消費者金融の借り入れ以外にも、クレジットカードの支払いや携帯電話の分割払いの返済実績も、支払履歴として残されているということです。クレジットカードや携帯電話の分割払いは、いわゆる借金のイメージが薄いので、軽い気持ちで支払いを遅らせてしまう人が多くいます。しかし、これらの支払い実績についても、通常の借り入れと同様に信用情報として取り扱われます。支払遅れや滞納は自分の評価をマイナスにする行為なので、現金の借り入れでないからといって油断してはいけません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする